電子タバコは学校に持ち込むのは厳禁

電子タバコは未成年に人気のおもちゃでタバコを吸っている気分になります。ただ、問題もあり学校に持ち込んでトラブルを起こしている未成年もいます。タバコは身体に悪いもので、がん、糖尿病、認知症やアルツハイマーといった病気を誘発します。未成年から喫煙するとこれらの病気にかかる可能性が高くなります。その理由で多くの学校ではタバコには厳しくしていて、小学校と中学校であれば自宅謹慎にする学校が多いです。高校では自宅謹慎に加えて退学にする高校が多いです。たとえ、電子タバコでも厳しくしている学校が多く、高校では自宅謹慎や退学にする高校もあります。もし、学校に持ち込んでいる生徒がいれば明日から止めたほうが良いです。高校生であれば、なおさらで自宅謹慎であればまだ良いのですが、電子タバコで退学は格好悪いですし退学になれば今後の人生に響きます。明日からは学校に持ち込むのは止めて、家でストレス発散で行うことをお勧めします。

電子タバコで禁煙生活

以前にタバコを吸っておりました。20歳になってからすぐに吸い始めたので、10年ほどは吸っていました。一日、5本程度を平均的に吸ってました。健康的にはとても良くなかったでしょう。嫁から何度も禁煙をしてくれと頼まれましたが、試みてみるも失敗ばかりを繰り返しておりました。その中で、電子タバコをテレビで見て、これならタバコの代わりになってくれるのではないかと考えつきました。そしてインターネットで調べてみると、値段もとても安く手が出しやすかったので、即購入してしまいました。それから、電子タバコを吸っており、まだ1本もタバコを吸っておりません。なんと、禁煙が成功しました。タバコを吸いたいなという気持ちになったら、代わりに吸っております。これで、満足ができるようになりました。もっと早く知って、購入していれば良かったです。

電子タバコがあって良かった

以前からタバコを吸い続けていたのですが、嫁と結婚して、子供が産まれました。子供に影響が出てしまうと考え、自主的に禁煙をしようと考えつきました。しかし、何年もタバコを吸い続けてきたので、そう簡単には禁煙ができません。タバコを吸いたいという気持ちが出てしまいます。そこで、タバコの代わりになるのではないかと言うことで、嫁が電子タバコをプレゼントしてくれました。それで、本当に満足できるのか、試してみると、効果は的中です。電子タバコを吸うようになってからは、タバコを吸っておりません。もう半年以上になります。完全にタバコの代わりになってくれております。吸いすぎには注意をしておりますが、1日2回吸うというのが習慣です。今後も電子タバコで禁煙を続けていきたいです。本当に禁煙が成功できたので、良かったです。とても嬉しいです。